いつまでも 頼ってしまうコルセット。

あらた接骨院

03-6228-0372

〒169-0051 東京都新宿区西早稲田3-24-5-102

営業時間:10:00 ~ 13:00 , 15:00 ~ 22:00
     10:00 ~ 13:00 , 15:00 ~ 18:00

あらた整骨院ブログ

いつまでも 頼ってしまうコルセット。

知って得する健康ニュース

2016/10/30 いつまでも 頼ってしまうコルセット。

とうとうつけてしまいました(笑)。接骨院の暖房~。

 さすがに 15℃以下になると認識は 「冬」になりますね。

 こんな急な冷え込みで心配になるのが ぎっくり腰 や アキレス腱損傷です。

 そして ぎっくり腰には 必ずといっていいほど コルセットが処方されます。ぎっくり腰 は 俗称で 本来は 部位によって 背部挫傷 急性腰椎症 腰部捻挫 など といわれますが ほかには
腰椎椎間板ヘルニアなどの場合もあります。

 腰は上半身と下半身をつなぐ 要(かなめ)のため どんな姿勢でいても 患部に 影響がでてしまいます。

そこで 腹圧を安定させるため コルセット をします。筋肉を圧迫したり 固定したりするものではありません。

 本来 腹斜筋や腹横筋、腰方形筋、広背筋などの筋肉が支えているしごとを 肩代わりしてくれて いるのです。

一般にぎっくり腰の急性期は一週間から二週間くらいといわれていますが その期間におもに使用されます。

 あとは 症状を観察しながら 徐々に 使用頻度をさげていきます。

 ところが 年配のかたになると また 痛い思いをしたくないとのおもいからか いつまでも 使用しつづける方がいます。

 ひどい人になると 寝ている時 と 風呂に入る時以外は 着用 というかたもいるくらいです。

 そのまま、つかい続けると 腰回りの筋肉が退化して コルセットなしっでは 生活できなくなってしまいます。

 心当たりのあるかた 顧みましょう。

 筋肉はつけるのは大変ですが 落ちるのは あっという間です。

  鍛えるといっても 機械トレーニングや 激しい スポーツをするというのではなく ただ、日常動作をしているだけでも 日々鍛えられています。

 座りっぱなしで 一日中 テレビ見てませんか。

あらた接骨院はみなさまの笑顔と健康を応援します!

 

あらた接骨院

代表者名 赤坂 新
住所 東京都新宿区高田馬場4-24-9-102
電話番号 03-6228-0372
FAX番号 03-6228-0372
営業時間 10:00〜13:00, 15:00〜22:00
       10:00〜13:00, 15:00〜18:00
定休日 毎週月曜・火曜・祝日

当店Facebookページはこちら
http://bit.ly/2aFzv1c

pagetop