くすりの飲みすぎにご用心~耐性菌のはなし

あらた接骨院

03-6228-0372

〒169-0051 東京都新宿区西早稲田3-24-5-102

営業時間:10:00 ~ 13:00 , 15:00 ~ 22:00
     10:00 ~ 13:00 , 15:00 ~ 18:00

あらた整骨院ブログ

くすりの飲みすぎにご用心~耐性菌のはなし

今日の院長のぽつり、ひとり言

2018/11/15 くすりの飲みすぎにご用心~耐性菌のはなし

いつものように テレビ朝日のモーニングショウを見ていたら そもそも総研 というコーナーで 「なぜ風邪で抗生物質を処方するのか?」という内容を放送されていました。私が子供の頃は 風邪をひくと 対症療法の薬と一緒にかならず 抗生物質が処方されていたので 今日の放送で 玉川さんが力説していても 「そうなんだ~」というのが はじめの感覚でした。

 

ただ、柔道整復師の専門学校で「一般臨床学」なる科目で 習ったころ 先生が 「風邪という病名はなく 気管支炎、咽頭炎、喉頭炎 肺炎などをまとめて かぜ症候群というくくりになっている。」といったことが思い出されました。

かぜ症候群の大半が ウィルス起因で かなりすくない確率で細菌起因のものがあるため むかしは 二次感染をふせぐためおこなっていたようです。教科書をひっぱりだして読み返してみたら 10年以上前の本ですが 抗生物質の乱用は 耐性菌をつくってしまう恐れがあるため 安易に使用しない と書かれていました。

ただ、一般的に 抗生物質=万能 という考えが我々にあるため ついつい安心材料としてもとめてしまうのでしょう。

 

風邪の特効薬は 充分な睡眠 水分補給 部屋の加湿 休養 であり その補助的なものが 対症療法のくすりとなります。具体的には せきどめ 鼻水とめ 頭痛薬 鎮痛剤 解熱剤 などです。

 

抗生物質を日ごろから飲み続けると 弱毒性のワクチンのように 体内に存在する菌が鍛えられ 耐性をえてしまうことがふえてきているそうです。 院内感染で有名になったMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌). MSSA(メチシリン感受性黄色ブドウ球菌)などがそうです。

これらの菌には 抗生物質は効かないわけですから どう治療するのか?ということになったとき 抗生物質が出来る前の治療法 上記の自身の回復力頼みの方法になります。

そうならないように 普段から 乱用はさけ 自身の免疫能力を高めていきましょう。

 

最後に頼りになるのは ご自身の体です。

 

いたわっていきましょう!

あらた接骨院はみなさまの健康と笑顔を応援します!

 

 

あらた接骨院

代表者名 赤坂 新
住所 東京都新宿区高田馬場4-24-9-102
電話番号 03-6228-0372
FAX番号 03-6228-0372
営業時間 10:00〜13:00, 15:00〜22:00
10:00〜13:00, 15:00〜18:00
定休日 毎週月曜・火曜・土曜・祝日

当店Facebookページはこちら
http://bit.ly/2aFzv1c

pagetop