真夏の登山気をつけて~山登りにおける熱中症

あらた接骨院

03-6228-0372

〒169-0051 東京都新宿区西早稲田3-24-5-102

営業時間:10:00 ~ 13:00 , 15:00 ~ 22:00
     10:00 ~ 13:00 , 15:00 ~ 18:00

あらた整骨院ブログ

真夏の登山気をつけて~山登りにおける熱中症

今日の院長のぽつり、ひとり言

2018/07/15 真夏の登山気をつけて~山登りにおける熱中症

ここ数日 真夏日がつづきますね~。関東は梅雨明け前から 猛暑がつづいておりましたが 今や 日本列島全体が 夏真っ盛り ですね。 あらた接骨院の近所でも連日 救急車がサイレンを鳴らしながら 走っているのが日常になっています。

高齢者の熱中症が問題になっていますが 熱中症は なにも高齢者だけのものではなく 老若男女 かかる症状です。 ただ、高齢者と子供が 体温調節が しづらいため かかりやすいということです。

 

熱中症は ただ気温が高いから起きるのではなく 急激な気温の変化で起こりやすいといわれています。 特に気温が28℃以上こえると 危険になり ます。

 

熱中症になる要因は 環境要因 と 個人的要因に わかれます。 環境的要因は 気温 気流 湿度 輻射熱 を あわせた指数(WBGT)で 判断するのがいいのですが 気温が比較的低い場合は湿球温度計を使い、気温が比較的に高い場合は乾球温度計を参考に 環境条件を把握してもよいと環境省の小冊子にも紹介されています。

個人的要因は 体力がない人 肥満の人 暑さになれていない人 肝機能や腎機能に障害がある人などの個人の状態が 環境要因とあいまって 熱中症になるか ならないかが分かれます。

 

真夏のさんさんと輝く太陽の熱により 温められた 空気 地面 岩 海 などが 我々の体のなかの 水分(血液)を上昇させ 神経 や 血液 を 変性させることによりおこる現象です。

 

そうならないために 体が反応して防ぎます。それが 熱中症の症状になります。 たとえば 目まい 失神 筋肉痛 筋肉の硬直 手足のしびれ 気分の不快(Ⅰ度) 頭痛 吐き気 嘔吐 倦怠感 虚脱感(Ⅱ度)

高体温 肝機能異常 腎機能障害 血液凝固障害 (Ⅲ度) と これらの症状が進むと 命を落とす可能性がでてきます。

 

これから まだまだ夏本番! 徐々に 暑熱順化をし たのしく夏をすごしましょう!

 

特に登山のように 長い時間 気温が高い状況で活動するスポーツは こまめに少量の水 と 塩 を摂り こまめに 休憩するなど 工夫をし 筋肉による体温上昇をおさえ 体の管理が重要なキーポイントになります。

山にはクーラーはありません(笑)。無理せずマイペースでのぼりましょう~。そのための 早出 早上がり を心掛け こころに余裕をもちたいですね。

 

あらた接骨院はみなさまの健康と笑顔を応援いたします!

 

18日の水曜日は あらた接骨院はおやすみです。早めの夏休みをいただきます。よろしくお願いします。

 

あらた接骨院

代表者名 赤坂 新
住所 東京都新宿区高田馬場4-24-9-102
電話番号 03-6228-0372
FAX番号 03-6228-0372
営業時間 10:00〜13:00, 15:00〜22:00
10:00〜13:00, 15:00〜18:00
定休日 毎週月曜・火曜・土曜・祝日

当店Facebookページはこちら
http://bit.ly/2aFzv1c

pagetop